• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
【CD】飯田健二「こおろぎと僕と」
【CD】飯田健二「こおろぎと僕と」
素朴な歌声とそこに寄り添うギターやウクレレの優しい音。 繊細だけどちょっと大胆で、芯があるのにどこか捉えきれない、そんな不思議な心地良さ。聴いていると、土の匂いのような懐かしさ、確かさを感じさせてくれる独自の世界観が魅力の歌い手の一枚。「こおろぎと僕と」 水戸市内の小さなアパートで録音された穏やかなフォーク・ミニアルバム 自主レーベル「ぼんやり堂」より2017年11月リリース 折り畳み紙ジャケット仕様 使用楽器:フォークギター、ガットギター、ウクレレ、ジャンベ、リコーダー ■プロフィール 飯田健二(いいだけんじ) ウクレレとギターの弾き語り。 フォーク、カントリーブルーズ、アイリッシュ、童謡などをルーツとした素朴で不思議な日本語ソングス。 略歴 1993年 茨城県にて出生 2008年 ウクレレとギターで作曲と弾き語りを始める 2015年 アルバム『飯田健二』を自主制作      林克彦(drum, vocal)とユニット「みちくさ」を組む 2017年 Dani Houseとのスプリットアルバム『nanohana』が配信される     ミニアルバム『こおろぎと僕と』を自主制作 Twitter https://twitter.com/iida_kenji_ Fasebook https://www.facebook.com/profile.php?id=100013919829937
¥ 1,000
【CD】inweu inweu R - remix EP
【CD】inweu inweu R - remix EP
茨城県水戸市を中心に活動するポストロック・インストゥルメンタル・クインテット“inweu”のリミックスアルバム。1stミニアルバムの楽曲を4人のリミキサーにリミックスしてもらったアルバムです。ダンサブルな1枚になっています。 ■リミキサー紹介 DJ YUMMY http://djyummy.net Tadataka Sudo https://soundcloud.com/tadataka Osamu Sugiyama https://www.mixcloud.com/osamusugiyama94/ T.K.Sanders https://soundcloud.com/stone-free-x-periment inweu[インウェウ] 2012年3月に結成。茨城県水戸市を中心に活動するポストロックを土台としたインストルメンタル・クインテット。単音が重なりや、アンサンブルを大切に音づくりをしている。ロケーションを中心としたライブにも定評がある。 Hirofumi Suzuki [Gt.],Takumi Kajima [Gt.],Atsushi Watanabe [B],Yoshinori Koutaka [Vn],Takuhito Kobori [Dr] 公式ウェブサイト http://inweu.net facebookページ https://www.facebook.com/inweu/ Youtubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCFyhivU-kBnLdvIQYbVmakA 2014年9月リリース 紙ジャケ仕様 PUNTO RECORDS inw002 収録時間: 28分 収録曲 1.バルコニーからの夜景[DJ YUMMY REMIX] 2.nemui[Tadataka Sudo REMIX] 3.採光[Osamu Sugiyama REMIX] 4.Teresa[Osamu Sugiyama REMIX] 5.おどる[Tadataka Sudo REMIX] 6.nemui[T.K.Sanders REMIX]
¥ 1,300
【CD】mayuluca「君は君のダンスを踊る」
【CD】mayuluca「君は君のダンスを踊る」
耳を澄ましてみてください。 音の隙間に見えてくる風景。ギターの上に浮かぶ歌と声。ノスタルジックで少し切ないアコースティックなエレクトロニカ音響。マユルカワールド。mayulucaファーストアルバム。 フォーキーなテイストの裏に見え隠れするある種の強さを秘めた楽曲達。ギターと声の隙間を埋めるサポート・ギターと音響に、前原孝紀とwater warter camelの田村玄を迎えて制作されたファーストアルバム。柔らかなアコースティック・サウンドと浮遊感溢れるエレクトリック・サウンドが絶妙なバランスで溶け合ったその世界は柔らかく、透明な時間が流れ、アルゼンチン音響派のフアナ・モリーナなどにも通じる雰囲気を感じさせます。 いくつかのバンド活動を経て、2005年春、mayulucaとして人知れず出発。 ギターを影山敏彦氏(tico moon)に師事。 2005年12月出発ライブを行う。 2006年8月、maxi single『shuppatsu』を自主制作にてリリース。 2007年、サポートミュージシャンとの演奏等ライブ活動の幅を広げる。池ノ上、下北沢のライブバーやカフェを中心に、ライブ活動を行っています。 http://fenetrerecord.wixsite.com/fenetrerecord 2008年10月リリース プラスチックケース仕様・12Pブックレット MIDI Creative CXCA-1236 Art Direction:渡邉良重(キギ) 収録曲 1.君は君のダンスを踊る 2.おひさまの居場所 3.おうちへ帰ろう 4.dula dula 5.昼下がり 6.チャイム 7.出発 8.花ヲ見ル 9.ほんとうのこと 10.ひかりの時間
¥ 2,365
【CD】mayuluca「君は君のダンスを踊る」
【CD】mayuluca「君は君のダンスを踊る」
シンプルなアコースティック・サウンドと浮遊感ある声の間から聴こえるエレクトロニカ音響。ファーストアルバム「君は君のダンスを踊る」でアコースティックとエレクトロニカを絶妙なセンスで融合させたmayulucaの3年振になるニューアルバム。本アルバムも前作同様、ギターに前原孝紀、ギターと音響にwater water camelの田辺玄を迎えたトリオで録音されていますが、前作からのフォークトロニカ的な部分は今回、ギターや生音を使ってより拡大されています。ミニマルなギターに絡む透明なスキャットとメロディ、強さや儚さを感じさせる独特のファンタジックな世界観はまさにmayulucaワールド。TICO MOONの最新アルバム「Daydream Garden」への詞提供など活動を拡げています。 いくつかのバンド活動を経て、2005年春、mayulucaとして人知れず出発。 ギターを影山敏彦氏(tico moon)に師事。 2005年12月出発ライブを行う。 2006年8月、maxi single『shuppatsu』を自主制作にてリリース。 2007年、サポートミュージシャンとの演奏等ライブ活動の幅を広げる。池ノ上、下北沢のライブバーやカフェを中心に、ライブ活動を行っています。 http://fenetrerecord.wixsite.com/fenetrerecord 2013年11月リリース プラスチックケース仕様・12Pブックレット MIDI Creative CXCA-1290 収録曲 1. 流浪の日々  2. ベランダの花  3. 夜明け前  4. きこえる  5. 熱風  6. あしたの月  7. ホスピタル  8. 片想い  9. 暗い夜と目指す朝  10. ある一日はこうして過ぎて  11. 覚悟の森  12. ひとつの終わりと始まり
¥ 2,365
茨城県水戸市石川1-3785-1 (K5 ART DESIGN OFFICE内 1F)
TEL: 029-255-6026
FAX: 029-255-6026
E-mail:info@punto-spazio.com